ザカタキ! 第6715号 -鉄道ファン-

★2024年6月7日(金)t-6715号★

チャオです〜!
おはようございます。

「鉄分あり」

な、ミチオさんです。

昨日の夜、テレビをつけたら、

わたらせ渓谷鐵道

の映像が流れていて、

「綺麗だなぁ〜、優雅だなぁ〜」

という気持ちで眺めていました。

小学生になる前か、小学生の時かは忘れましたけど、

京都鉄道博物館

に2,3回連れていってもらいましたし、小さい頃、父親が

「特急列車の走行風景を撮影する」

のに何度も連れられて行ったことも覚えていますし、
父親か親戚のおじさんかが、買ってくれた

「鉄道模型」

で嬉しそうに弟と遊んでいた記憶も残っています。

私の父親は、明らかに

「鉄道好き」

なんですが、この頃感じるのは、

「自分にもその鉄道好き成分が結構受け継がれている」

ということです。

なぜ好きなのかは自分でもよく分かりませんが、
大自然の中を一両とか二両編成の、
こじんまりした車両がトボトボと進んでいく様子を見ていると、

「時間の経過を忘れる没入感」

があるわけです。

すぐには無理だと思いますが、愛息を連れて、

越美北線

に乗って九頭竜湖駅まで行ってみたい気分はございますところの、
瀧株式会社代表取締役社長、
滝道生(タキミチオ)なのでした。

「便利な車をあえて使わない外出」

というのも、
鉄道が残っている田舎の魅力なのかも?
と感じています。

+---
*無断転載はほめられたことでは無いですが
何かに役立ててもらえると嬉しいのもまた事実です。
Copyright(C) 2024 TAKIPAPER
-+-

月別アーカイブ

top
top