ザカタキ! 第6604号 -愛好家-

★2024年2月17日(土)t-6604号★

チャオです〜!
おはようございます。

「一番乗り」

ではない、ミチオさんです。

北陸新幹線敦賀延伸開業

を一ヶ月後に控えた昨日、

「開業日の切符をゲットした!」

という、鉄道ファンの男性諸氏が、
地元のニュースで取り上げられていました。

私もよく、

「挙動不審」

だと言われますが、ニュース映像で見る限り、

「鉄道が好きな男性は挙動が不規則な気がする」

という、今までの個人的な印象が強まった感があります。

とにかく、
一番乗り切符を獲得した喜びが伝わってきましたけど、
このところ、

北陸新幹線に試乗した

という経験談を耳にする機会が増えてますし、
SNS等でも見かけるわけで、

「何を指して一番乗りというのか?」

という疑問が私の中では盛り上がっています。

昨日、愛息、

「智朗(ともろう)」

は、支援学校の授業で、

「イチゴ狩り」

に出かけてビニール袋に大粒のイチゴを携えて帰ってきました。
思ったほど寒くなくて、帰宅後も

「ゴキゲン!」

な様子でして、体調はちょっとずつですが上向いていると感じます。

何はともあれ、
嬉しそうな人を見ると、
自分もちょっと幸せな気分になります。

話は変わって、

子供さんにまつわる痛ましい出来事

が相次いでいます。

里親研修を受け、週末預かりや一時預かりを経験していて感じるのは、

「社会的擁護者よりも親権者の発言や意向が強い」

と実感する場面が多い、ということです。

「お子さんを安心してお任せできそうにない家庭環境」

は残念ながら一定数実在するので、

「現場で一時保護の要件を弾力的に運用できる工夫や仕組み」

の確立が緊急課題だと思いますし、少子化対策は

「出産環境の改善と現在の子供の境遇の向上との両輪を回す」

ことであり、そのために、

こども家庭庁

が出来たはずだと信じている、
瀧株式会社代表取締役社長、
滝道生(タキミチオ)でございます。

「昭和の家庭とその外部環境」

と、

「令和の家庭とその外部環境」

との圧倒的違いを実感していない年配の方々が、
政策や現場の運用の実権を握っていては、
問題の解決は程遠いと個人的には感じています。

+---
*無断転載はほめられたことでは無いですが
何かに役立ててもらえると嬉しいのもまた事実です。
Copyright(C) 2024 TAKIPAPER
-+-

月別アーカイブ

top