ザカタキ! 第6605号 -真剣でも-

★2024年2月18日(日)t-6605号★

チャオです〜!
おはようございます。

「軽薄」

なミチオさんです。

不適切にもほどがある!

に、

CAFE&BAR SCANDAL

という喫茶店が出てきて、思わずそのグッズを購入してしまいました。

そんでもって、

あの娘とスキャンダル

という往年のヒット曲を思い出しました。

「危険な恋をウォウ、ウォウ、ウォー」

という歌詞が印象的で、しかもその部分だけに着目すると、

「軽薄で且つ浮かれた雰囲気」

がムンムンなんですけど、改めて全体を聞いて見ると、

「…なんか、いいなぁ…」

と感じる私がいます。

戻って来ないし、戻れないし、戻っても問題は解決しないでしょうけれども、

「いい時代だったんだろうなぁ…」

とも思います。ただほぼ同じ年代に作られた、

尾崎豊

さんの歌の歌詞には、

「盗んだバイクで走り出す」

だったり、

「夜の校舎窓ガラス壊してまわった」

みたいな、
現在の倫理観では犯罪色で真っ黒な表現もあって、良くも悪くも、

「ほとばしっていた!」

という印象が強いです。

優柔不断で軽薄で浅はかで挙動不審な人が、
真剣且つ懸命に一心不乱に物事に取り組む、
ということも往々にしてあると思うので、

「全期間において間違っていない」

ことを正しい人間像と設定すること自体に無理がある、
とこの頃は特に感じるようになってます。

「人はたまに間違う」

ということを前提に、

「是々非々で間違いは清々しく指摘しシコリはなるべく残さない」

というような個々人の姿勢については、
昭和スタイルにも見習うべき部分もあるようにも感じている、
瀧株式会社代表取締役社長、
滝道生(タキミチオ)なのでした。

「世代間の対立」

より、

「世代間で補い合える工夫の確立」

を目指しながら、言いたいことを言うスタイルが、
大事なのかも知れません。

+---
*無断転載はほめられたことでは無いですが
何かに役立ててもらえると嬉しいのもまた事実です。
Copyright(C) 2024 TAKIPAPER
-+-

月別アーカイブ

top