ザカタキ! 第6608号 -やりくり-

★2024年2月21日(水)t-6608号★

チャオです〜!
おはようございます。

「テント」

の中で、ミチオさんです。

昨日は愛息が通う支援学校の、

「懇談会」

がありまして、
妻と私と担任の先生と副担任の先生お二人の、
計5名で色々と愛息の学校内での様子や、
今後のことについて話してきました。

愛息は特に年末年始に入院して以降、
経鼻チューブを装着したことにより、
痰や鼻水が増したので、
呼吸が以前にも増してしんどそうになっており、
学校に滞在できる時間も減少気味なのですが、

「愛息が教室内に登場すると他のお子さんが寄り集まってくる」

ということを聞きまして、
親としてはとても嬉しくてありがたい気持ちになりました。

まぁ、それはさておき、
支援学校へ行き来する道中、

タケフナイフビレッジ

を過ぎたあたりに、

「不定期開店のたこ焼き屋」

さんがあって現在は閉店中なんですけど、
学校の運動会の時に出すような、

「白いテント」

が足をたたんで置かれてあり、

「らーめん」

という大きな看板やのぼりが目について、

「たこ焼きとラーメンを同時に出す屋台爆誕なのか?!」

と通過するたびに気になっているんですが、
昨日も残念ながら営業開始の気配は無かったです。

見栄えの良い、

「キッチンカー」

をこしらえてから新規開店するスタイルが、
むしろ普通になってきている昨今、

「限られた元手をやりくりした出来る範囲の等身大の船出」

というのは、
思わず応援したくなるモノがあります。

たこ焼きは一度買った食べたことがあり、

「中身がトロリ系」

で普通に美味しかったわけですが、
らーめん、となると衛生面も含めて色々と、

「ハードルが更に上がる」

気はしますが、絶対一回は食べてみたいと思ってます。

そうこう考えてましたら、

「リヤカーの屋台村」

って今あったら結構新鮮かも?と思ったりもする、
瀧株式会社代表取締役社長、
滝道生(タキミチオ)でございます。

「初期投資を抑えて大海原に漕ぎ出す!」

みたいな感覚は忘れないようにしたいと思うわけです。

+---
*無断転載はほめられたことでは無いですが
何かに役立ててもらえると嬉しいのもまた事実です。
Copyright(C) 2024 TAKIPAPER
-+-

月別アーカイブ

top