ザカタキ! 第5680号 -作法とは?-

★2021年7月29日(木)t-5680号★

チャオです〜!
おはようございます。

「無作法」

的かもなミチオさんです。

弊社がお世話になっている会計士の上坂さんが、

A DAY

という週間レターを出されて、
熱烈な読者の一人である私ですが、今週号は、

「オリンピック柔道を見ていて作法という言葉を連想した」

という切り口で、

「ルールと作法の違い」

についての考察があって、深く考えさせられました。

あんまり書き過ぎると、

「ネタバレ」

とか、

「盗用」

とかの指摘がありそうなのですが、

「ルールという言葉の裏には強制力が見え隠れする」

一方、

「作法は知る、学ぶ、身につけるという言葉を伴う時が多い」

という根拠から、

「ルールと作法は結構違う」

と導き出したあたりの文面がとても心に響きました。

個人的に、

「ルールを破っても作法には準じたい」

という気持ちを、なんとなく以前から抱いていた理由が、
自分なりに分かった気がしました。

「作法というのは社会的に守られるべき美意識」

であり、ある一定の長期間、人から人へ数珠繋ぎに伝承される事が、

「伝統」

という事なのかな?と感じた次第です。

以上かなり上坂先生のテキストを拝借して、

「ルール破り」

みたいな格好になってしまいましたが、奥底に流れる

「広く知られるべき事柄を多くの人で共有したい」

というような先生の思いに深く共鳴したところの、
瀧株式会社代表取締役社長、
滝道生(タキミチオ)なのでした。

「ルールは破っても作法は尊重する」

というのが、個人的に好む

「スタイル」

なんだなぁ、という事が分かりました。


+---
*無断転載はほめられたことでは無いですが
何かに役立ててもらえると嬉しいのもまた事実です。
Copyright(C) 2021 TAKIPAPER
-+-

月別アーカイブ

top