ザカタキ! 第5758号 -代議士がゆく-

★2021年10月15日(金)t-5758号★

チャオです〜!
おはようございます。

「先生」

と呼ばれないミチオさんです。

昨日は弊社に、

斉木武志

議員がお見えになり短時間ですが、
意見交換をさせて頂きました。

越前市に住む重い心臓病のお子さんがいて、
もし移植手術等が必要になった場合、

「ご家族の費用負担を軽減する策を予め講じられないか?」

という相談をさせて頂いた事が以前にありまして、
その二日後くらいに、

「厚労省の担当者と折衝したけど予算取りは難しかった」

という趣旨の議員からの回答があって残念ではありましたが、

「問題意識を共有してくれる人」

という印象を勝手に抱いています。

指定難病への堀内のり子議員の働きかけ

なども非常に立派だと感じていて、

「困っている人を助けて支える」

という仕事をしている議員さんが、

「党派を超えて存在する」

という事実はもっと広く知られるべきだと思います。

何はともあれ、

「斉木さんは大好きですけど、
枝野さんや福山さんの重箱の隅をつついてこき下ろすかのような喋りは、
見てる側が腹が立って仕方がないので立憲民主党さんは何かズレているのでは?」

的な私の小生意気な意見も、
真摯に受け止めている斉木議員の様子が印象的だった、
瀧株式会社代表取締役社長、
滝道生(タキミチオ)でございます。

「与野党が知見を切磋琢磨させながら国を運営していく為に
国費が投じられているのではないのですか?」

という私見は議員には伝わったと感じています。


+---
*無断転載はほめられたことでは無いですが
何かに役立ててもらえると嬉しいのもまた事実です。
Copyright(C) 2021 TAKIPAPER
-+-

月別アーカイブ

top