ザカタキ! 第6530号 -郵便よし-

★2023年12月5日(火)t-6530号★

チャオです〜!
おはようございます。

「海越え」

の、ミチオさんです。

先月末の妻の誕生日を祝う郵便物が、
ドイツ在住の妻の友人から昨日届きました。

佐川急便とヤマト運輸のドライバーさんは、

「午前中が配達で午後が集荷」

と大体決まっている模様ですけど、

「郵便局系」

の人たちはバイクや軽バンやハイエースなど、
色んな乗り物で、色んな人が、色んな時間にやって来る印象です。

でも、

「海外からの郵便物は基本的に郵便局系の人が持ってくる」

感じがあって、
海外からの郵便物が届くたびに、

「郵便局系の人たちの仕事ぶりが私の中で好印象」

になります。

それは何故か?と考えてみたんですが、

「海を越えて遥か遠い場所とつながっている」

という感覚がすることと並行して、

「なんか割とマイペースな雰囲気」

が郵便局系の人から感じられる、
ことが効いているように思います。

ドイツからの郵便物の消印を見たら、

「10日以上前」

で、少なくとも

「妻の誕生日以前に投函」

したことが分かり、
飛行機などの飛び道具的な交通機関の他に、
色んな場所や色んな人の前を通過して、
やっと辿り着いたという、

「旅人感」

が、封筒から漂っている気がするわけです。

かと言って、

「距離を越え時間をかけて友情の証が来た!」

みたいな大仰な感じもなくて、

「割とサラッとしたことしか書かれてない」

というところが、
これまたなんとも素敵で感心している、
瀧株式会社代表取締役社長、
滝道生(タキミチオ)でございます。

俺も、

「外国に住んでてたまに手紙をくれる友達が欲しいなぁ」

と羨ましさが盛り上がっています。

+---
*無断転載はほめられたことでは無いですが
何かに役立ててもらえると嬉しいのもまた事実です。
Copyright(C) 2023 TAKIPAPER
-+-

月別アーカイブ

top