ザカタキ! 第5678号 -拮抗伯仲-

★2021年7月27日(火)t-5678号★

チャオです〜!
おはようございます。

「イン」

しているミチオさんです。

昨日、

チーズインカレーファミチキ

を食べましたが、

「想像を超える美味さ」

でした。

結構前に、それも多分夏だったと思うんですけど、
惣菜とかレトルト商品を買ってきて家で、

「焼きチーズカツカレー」

を作って食べたことがあったんですけど、

「味と風味の足し算のし過ぎ」

で、

「逆にとっ散らかった感じ」

がした記憶があったんですが、

チーズインカレーファミチキ

については、

「さすがにプロの仕事」

という感じの、絶妙なバランスを味わえた次第です。

昨晩は、

卓球混合ダブルス決勝

をテレビ観戦して興奮しました。

それぞれが磨き上げ築き上げた心技体が、
溌剌と発揮されつつ

「実力伯仲」

という雰囲気の名勝負だったと思います。

スーパーな競技者が繰り広げる試合を見ていると、

「勝機」

というか、勝ち負けを左右する

「流れ」

というのか、が、

「あっち行ったりこっち行ったりしている」

雰囲気をテレビ画面越しにも感じることができて、
ヒリヒリする緊張感も伝わってきて、
ひたすらに魅了されます。

解説の男性の人が度々、

「水谷選手はチキータで返して欲しい」

というような事をおっしゃっていたのが印象的で、

「安全策よりも果敢な姿勢が流れを手繰り寄せる手がかり」

だという認識を感じました。個人的には、

「手強い敵の存在抜きでは勝負は輝かない」

みたいな事も感じました。

「ファミチキータください!」

と今度、ファミマさんで言ってみようかな?、
と思いましたが実行に移すかどうかは微妙である、
瀧株式会社代表取締役社長、
滝道生(タキミチオ)なのでした。

水谷選手のとっさの抱擁を嫌がる伊藤選手に、
激しい親近感を覚えた次第です。


+---
*無断転載はほめられたことでは無いですが
何かに役立ててもらえると嬉しいのもまた事実です。
Copyright(C) 2021 TAKIPAPER
-+-

月別アーカイブ

top