ザカタキ! 「雑感タキペーパー!」をハシょって「ザカタキ!」です。瀧株式会社代表取締役社長、ミチビッチ氏こと滝道生の心情吐露型日報。(ほぼ日刊)

ザカタキ! 第4758号 -悩ましい-

★2019年1月19日(土)t-4758号★

チャオです〜!
こんばんは。

「最上階」

でミチオさんです。

「ホテルグランドパレス」

にて、

人間能力開発研究所

の人たちと、
愛息の半年間の様子について、
じっくりと話し合いました。

昨年9月の、

「重積な痙攣発作」

の原因についてや、
毎日の食事の時間が3~4時間かかっていて、
食事のメニューもとても工夫して手間をかけているのに、

「体重が増えない」

ので、仮定の話として、

「胃瘻」

にしたら、今後の成長と生活の質はどうなるか?
というようなことについて、
意見交換を行ったのであります。

「重積な発作」

があって、
機能回復プログラムによって、
4年以上にわたり積み上げてきた積み木が、
まあまあ崩れてしまったような思いがあり、
その残念な感じを、

「ミチーム全体が未だに引きずってる」

というようなことと、
口から食事を食べることが出来るのは、
それだけで愛息の喜びにつながっていて、
苦労してでもやりがいのある仕事である、
ということを再確認しました。

晩は最上階の

「バーラウンジ」

にて、ミチーム全員がアダルトな雰囲気で寛ごうとしましたら、

「智朗(ともろう)」

がガラス張りの高所を怖がって、
あまり食事が進まず微妙な感じになってしまいましたが、

「かずいサン」

が、一杯2000円ぐらいのカクテルを、
時間をかけて飲み干したことにより赤ら顔になりまして、
まあ、とりあえず良かったということにしておきたい、
瀧株式会社代表取締役社長、
滝道生(タキミチオ)なのでした。

生まれながらにして何かと苦労し続けている、

「智朗(ともろう)」

の未来の可能性をどうにかして切り拓きたいわけです。


+---
*無断転載はほめられたことでは無いですが
何かに役立ててもらえると嬉しいのもまた事実です。
Copyright(C) 2019 TAKIPAPER
-+-

ザカタキ! 第4757号 -東京綺麗-

★2019年1月18日(金)t-4757号★

チャオです〜!
こんばんは。

「丸ビル」

からのミチオさんです。

「ミチーム」

で東京にやってきました。

「智朗(ともろう)」

の機能回復プログラムにおける、
半年に一度の効果測定が目的です。

いつも効果測定が行われる、

ホテルグランドパレス

へは、東京駅の丸の内口から出て、
丸ビルまで歩いて行って、
ビルに横付けされたタクシーに乗って行くのが、
我々の定番コースなんですけど、
これまで日中に移動することが多かったので、
今日は17時過ぎに東京駅に到着し、

夜景の綺麗さ

を堪能しました。ただ、

「天の邪鬼」

なので、

「かずいサン」

が携帯で丸の内広場で写真を撮ろうとしていたのを、
早くタクシーに乗ろうと急かして阻止してしまって、
今更ながらちょっと後悔しています。

1923関東大震災

と、

東京大空襲

という、

「壊滅的な破壊を100年の間に2度経験した土地」

が、きらびやかに輝いているのをタクシーの中から眺めていると、
一人一人の人達が懸命に生きて、
その数え切れないくらい多くの人生が折り重なり、
数々の偉業が積み重ねられて輝いているように感じられ、
若干、感傷的になっちゃいました。

移動中の新幹線の中で、

「智朗(ともろう)」

が3列シートの真ん中で、
座った姿勢を長時間維持して頑張ったので、
握り込んだ手の中が温かく汗ばんでいました。

私も日頃、それなりに頑張りながら生きているとは思ってますけど、
自分が懸命に生きることが出来るのは、

「過去や現在に懸命に生きる人達が存在するからこそである」

というような思いをしみじみと抱いた、
瀧株式会社代表取締役社長、
滝道生(タキミチオ)でございます。

「智朗(ともろう)」

なんですが、身長や体重、頭囲や胸囲が、

「半年前とあまり変化は見られなかった」

ことはちょっと残念でした...。


+---
*無断転載はほめられたことでは無いですが
何かに役立ててもらえると嬉しいのもまた事実です。
Copyright(C) 2019 TAKIPAPER
-+-

ザカタキ! 第4756号 -まぜそば-

★2019年1月17日(木)t-4756号★

チャオです〜!
こんばんは。

「麦わら」

ではないミチオさんです。

12時半ぐらいまで現場で断裁作業をして、
そのまま福井市内へ印刷の立会いに出かけ、
14時前ぐらいに、

「ラーメン」

を食べようと、初めてのお店、

むぎなわや

さんへ行ってみたんです。

昼ごはんを遅らせて我慢したのは、言うなれば、

「ラーメンが食べたかった」

からでもあるんです。

でも、ちょうど本日は、

「週に一度のまぜそばの日」

ということで、ラーメンはなくて、
そぼろと香辛料が効いたまぜそばを頂きました。

美味しかったんですけどね。

「追い飯」

と呼ばれる、食べ終わりが近づいた頃に食べる白ご飯は、
正月の飲み食いがたたって、

「70.5kg」

まで体重が増えているので、
食べないでおこうと思ってたんですが、店員さんの

「ご飯いかかですか?」

というおすすめに乗って、

「じゃあ、少なめお願いします!」

って頼んでしまったぐらい美味しかったんですけどね。

「ラーメン食べたかったのに...」

という、敗北感に似た何とも言えないやり切れなさが、
未だに後を引いている、
瀧株式会社代表取締役社長、
滝道生(タキミチオ)でありました。

やっぱり、

一力

さんに行っとくべきやったか、それとも...、
という風にいろんな思いが込み上げますが、福井市内は

「ラーメンの群雄割拠状態」

でかなり羨ましいです、ハイ。


+---
*無断転載はほめられたことでは無いですが
何かに役立ててもらえると嬉しいのもまた事実です。
Copyright(C) 2019 TAKIPAPER
-+-

ザカタキ! 第4755号 -長生きしたい-

★2019年1月16日(水)t-4755号★

チャオです〜!
こんばんは。

「長生き」

できるかミチオさんです。

愛息の誕生日に、
多くの方々からお祝いの言葉をいただきまして、
本当にありがとうございました。

つれあいの、

「かずいサン」

などは、

「智朗(ともろう)をおいて死ねない!」

みたいなことを言い出してるんですが、
私が39歳で妻が34歳の時に生まれた愛息なので、
何と申しましょうか、
不可能ではないけれどもその確率は低いだろう、
と感じています。

ただ愛息は心臓のつくりが一般的な形状ではなく、
血行循環動態も特異なので、
平均寿命を超えて生きることは、
考えにくいかなぁ、とも思うわけです。

愛息が50歳になった時、私は89歳になるわけで、
その場合、今と同じように、
愛息を一人で抱えてお風呂に入れたり、
トイレに行ったりするということはやっぱり無理だと思いますし、
そう考えますと、
愛息の自立を大きな目標に掲げた機能回復の取り組みに、
大きくリソースを割いて全力投球しながら、
テクノロジーの進歩と社会的なインフラ整備の向上を待つ、
というのが現実的な行動かなぁ...、
と改めて感じている次第です。

それとやっぱり、我々の愛する、

「智朗(ともろう)という存在がこの世に生きてますよ〜」

ということを、
ちょくちょく不特定多数の人たちに、
割と前のめりにお伝えしている常日頃の行動を、

「どこかで誰かが知ったり覚えたりしてくれる」

ということが、
後々に発生するであろう問題を解決する糸口につながることを、
期待しながら生きている、
瀧株式会社代表取締役社長、
滝道生(タキミチオ)なのでございます。

みんなでより良く生きていけたら幸せ、
という思いが強いです。


+---
*無断転載はほめられたことでは無いですが
何かに役立ててもらえると嬉しいのもまた事実です。
Copyright(C) 2019 TAKIPAPER
-+-

ザカタキ! 第4754号 -セブン-

★2019年1月15日(火)t-4754号★

チャオです〜!
こんばんは。

「七つ」

のミチオさんです。

その昔の、

「成人の日」

であり、

いちごの日

でもある本日、

「1月15日」

は、愛息、

「智朗(ともろう)」

「7回目の誕生日」

でございました。

「智朗(ともろう)」

は、いちごが大好きであり、
私にとっては、とってもイイコなのであります。

そして数年前の写真と見比べると、
格段に大きくなっているのでした。

人間の脳神経の発達は6歳までにだいたい完了する、
という通説がありまして、
このところ愛息の機能回復は頭打ちな傾向が否めない印象もあるんですが、
大きく強い発声をするようになったり、
腰から上の上半身を大きく反らして、
何らかの意思表示を試みたりしたり、
体のサイズも成長しましたが、

「何かを伝えようとする態度」

の面でも少しですが成長を感じています。

パソコンを使った、
視線入力もちょっとずつ上達してきているように思います。

「智朗(ともろう)」

が自分の意思を、言葉や文字で他人に伝えられるようになれば、

「ミチーム」

にもより明るく楽しい道が開けるように思うので、
そこに向かって、
粘り強く、ゆっくりとしっかりと進んで行きたい、
瀧株式会社代表取締役社長、
滝道生(タキミチオ)でございます。

ちなみに最近、

「智朗(ともろう)」

は、私と二人で行動するのが、

「好きではない」

雰囲気を感じています...。


+---
*無断転載はほめられたことでは無いですが
何かに役立ててもらえると嬉しいのもまた事実です。
Copyright(C) 2019 TAKIPAPER
-+-

この行程を担当する職人達!

プレドラグ ミチビッチ

Predrag Michivic

Mr. Michivic

国際的なサッカー選手プレドラグ・ミヤトビッチは遠い血縁関係にあたり、星占いをこよなく愛する、夢見がちで妄想癖ないつもひとりでブツクサ言ってる困ったおっさん。TAKIPAPER研究開発企画部門の顧問キャラクター。

滝 道生

Michio Taki

Frank sentinel

周辺事情をわきまえずに婿入りしてから、はや10年。味方から声をかけられやすく、敵とも仲良くなっちゃう見張り兵をイメージして働いてきて今や代表取締役。

瀧株式会社は一途の活動を応援しています。

3兄妹ソーシャルバンド 一途

生産品目

独自な紙製品の受注生産をしています。

生産品目一覧 技術 和紙について
お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。お見積もりから納品までの流れ
漉好(すきずき)
“すかし”に的を絞ったプロモーションサイトです。

トピックス

日々更新している記事たちです。

あしたのともろう★彡(ブログ)
来る日も来る日も機能回復リハビリに取り組む滝智朗(たきともろう)気合いの記録です。
ザカタキ!(ブログ)
瀧株式会社社長の心の日報。(ほぼ日刊)
た紀行(お知らせ)
和紙の里周辺の日常の機微。
大商品開発計画
タキペーパーダイレクトで販売されている、オリジナル商品の開発秘話。
た日誌。(ブログ)
瀧株式会社の内部情勢なども交えた備忘録ブログ。

瀧株式会社について

「否定の全否定」「出来ない」とは言わ「ない」それが社是、のような空気漂う会社の全体像。

会社案内
ベルサイユ条約の証文用紙を漉いたのは我々のご先祖さまでございます。
企業理念 会社概要 由緒
営業内容 生産能力 スタッフ紹介
交通アクセス
初めてお越しになるお客様にきっと役立つ情報です。
越前和紙について
思いは、言葉となり伝わり続ける。“紙”への思いをしたためました。
企業リンク

お問い合わせ

個人のかた、企業のかた、とにかく何でもお問い合わせ下さい。

よくあるご質問

瀧株式会社

〒915-0233
福井県越前市岩本町2-26

TEL.
050-3387-0809
Email.
mail@takipaper.com

受付対応時間/AM9:00〜PM5:00
※土・日・祝日を除きます

TAKIPAPER DIRECT/瀧株式会社直営の和やかネットショップ

15時までなら即日発送! 耳付きはがきや動物のペーパーウェイト等、味のある品物が揃っています。