日本古来の和紙の里で、紙漉きから印刷まで一貫生産で紙づくりにはげむ、瀧株式会社のホームページです。
紙漉きから加工まで、独自な紙製品の受注生産や、ネットショップの運営をしています。

生産品目越前和紙を主とする様々な日本の紙をTAKIPAPERの技術で加工した、独自な紙製品の受注生産をしています。一覧へ

封筒/全面に印刷可能な封筒です。製袋もおまかせください。
貼り箱/和紙でできた貼り箱をc受注生産いたします。
ちぎり和紙/主に、日本酒・焼酎などのラベルとしてご利用いただいております。
【漉好】すかし入り紙製品/“すかし”の入った表彰状や包装紙を生産しています。
FSC

上記以外にも、様々な製品を受注させていただいております。まずはお問い合わせください。

2015年3月、FSC(森林管理協議会)の加工・流通過程の管理の認証を取得しました。

お見積もりは無料です。お気軽にご相談ください。050-3387-0809

なかなかに小ロット対応です。
サンプル作成は5万円で承ります。

受付対応時間/AM9:00〜PM5:00
※土・日・祝日を除きます

まずはこちらをお読みください。

お見積もりから納品までの流れ

納期までの流れなど、お客様が気になるであろう項目をまとめてみました。

トピックス日々更新している記事たちです。

ザカタキ!(ブログ)一覧へ

「西船橋」を「ニシフナ」と呼んだりするがごとく「雑感タキペーパー!」をハシょって「ザカタキ!」なのです。タキペーパーダイレクト店長の心の日報なのでございます。

ザカタキ! 第3833号 -イノトオ-

★2016年6月26日(日)t-3833号★

チャオです〜!
こんばんわ。

「尊い」

ミチビッチです。

つれあいの

「かずいサン」

「iPhone」

の動作が怪しく、
電話もつながりにくくなっているので、
本日、新しいものに、
機種変更しました。

電話機の中の、

「連絡先」

等々の

「既存データの引き継ぎ」

のための操作は、
全て私に託されましたが、
予想に反して、
意外とすんなり出来ました。

愛息、

「智朗(ともろう)」

の大先輩である、長野の

山田倫太郎さん

の新作となる自伝本が、
来月末に発売されるという、
とっても熱いニュースが飛び込んで来て、
その本のタイトルが、

「命の尊さについてぼくが思うこと(仮)」

となっておりましたが、
取り急ぎ10冊、アマゾンで注文した次第です。

タイトルを見ただけで、とても

「ジーン...」

と来ました。

携帯の連絡先情報なんて、
命の尊さに比べたら、

「鼻くそにも満たない価値」

だと思うんですが、
日常生活を過ごしているうちに、
どうにもこうにも、
そういう根本的なことを、
忘れがちになってしまう気がして、
改めて、来月末に出る、

山田倫太郎さん

の命の叫びがこもった文面を拝読するのが、
とてもとても待ち遠しい、
タキペーパーダイレクト店長、
プレドラグ・ミチビッチでございます。

愛息のために私が出来ることを、
簡潔にひっくるめて言うならば、

「力いっぱい愛すること」

になるのだろう、と思います。


+---
*無断転載はほめられたことでは無いですが
何かに役立ててもらえると嬉しいのもまた事実です。
Copyright(C) 2016 TAKIPAPER
-+-

続きを読む

た紀行(お知らせ)一覧へ

気の利いた紙にまつわる見聞録を目指してはいるんです。(ミチビッチ氏談)

た日誌。(ブログ)一覧へ

和紙の里、ミチームの備忘録