ザカタキ! 第6620号 -変わりゆく-

★2024年3月4日(月)t-6620号★

チャオです〜!
おはようございます。

「変わっていく」

ミチオさんです。

昨日はひな祭りでした。

「智朗(ともろう)」

が学校で先生と一緒に作った、

「靴下でできた雛人形」

が我が家のテレビの前に飾ってありますし、
お世話になっている美容室にも、
雛人形が飾ってありました。

年季が入ってくると、

段飾りを省いて飾る」

のがひな祭りを祝う多数派スタイルなのかも知れません。

私はまだその全貌を見てないんですが、
新幹線の延伸開業を目前に控えて、

福井駅前がいよいよ恐竜だらけ

になっているみたいです。

初めて福井駅を降りたら、

「なんじゃこりゃ?!」

となる人が多いと思いますが、個人的には、

「もっともっとやれ!」

くらいに感じています。

行政の責任ある立場の人たちが、
正式で且つ公式な意思決定プロセスを経て、

「恐竜だらけという半狂乱じみた光景を採用した!」

と考えると、妙に痛快です。

大きな恐竜のモニュメントが、
不評だったり苦情が出たら、
しかるべき場所へ移動させれば良いので、

福井駅前再開発

における建物と景観のバランスや計画は、
後々調整可能部分を多めに取っている感じもします。

「恐竜モニュメント」

は見た目のインパクトは大きいながら、
不測の事態に柔軟に対応できるような、

「バッファ」

なのかも知れません。

「人ごみに流されて変わってゆく」

という、

卒業写真

の歌詞がなんとも切ないんですが、
人も変わってゆくし、街も変わってゆくし、
いずれにしても、

「私が10代だった頃の福井駅前の景色からの変貌ぶり」

にはなかなかに戸惑っている、
瀧株式会社代表取締役社長、
滝道生(タキミチオ)でございます。

福井県民の大まかな県民性も、

「保守性と一点突破の併存型」

にシフトしつつあるのかも?と感じます。

+---
*無断転載はほめられたことでは無いですが
何かに役立ててもらえると嬉しいのもまた事実です。
Copyright(C) 2024 TAKIPAPER
-+-

月別アーカイブ

top