ザカタキ! 第5393号 -お口周り-

★2020年10月15日(木)t-5393号★

チャオです〜!
こんばんは。

「閉じてない」

ミチオさんです。

愛息が、

「国立循環器病研究センター病院」

に行った時は、

「歯科」

も必ず受診するようにしていて、
昨日指摘されたのは、

「口が半開き」

の状態である、ということでした。

食べる時は介助されながら口を動かし咀嚼するんですが、
喋ったりとかが難しいので、

「普通の人よりかなり口の動作が少ない」

愛息でして、そうすると、
口の周りの筋肉が鍛えられる機会が少なくなり、
結果として口が半分開いたような表情がデフォルト、
というようになってきて、
そうすると空気中の雑菌、ウィルスが侵入しやすくなる、
というメカニズムになるそうです。

個人的には、
顔の輪郭や目の動きを見て、

「本日も愛おしい愛息よ!」

みたいなことしか思わないので、
口については指摘されるまで気がつきませんでしたが、
人体の動きと筋肉の役割が、
健康な生活と深く関係していて、
普通の人がしている当たり前の動作はとても重要だったりする、
ということが身に沁みます。

愛息の就寝前に、
歯科で習った口の周りを動かす体操をすることになった、
瀧株式会社代表取締役社長、
滝道生(タキミチオ)でございます。

プニプニの触感と弾力が、
とても魅力的なのでした。


+---
*無断転載はほめられたことでは無いですが
何かに役立ててもらえると嬉しいのもまた事実です。
Copyright(C) 2020 TAKIPAPER
-+-

月別アーカイブ

top