ザカタキ! 第5760号 -鶯婆-

★2021年10月17日(日)t-5760号★

チャオです〜!
おはようございます。

「あんまり言うとアレ」

なミチオさんです。

「〇〇女子」

とか、

「ウグイス嬢」

とかの単語が、まああるわけですが、
現場の当事者の方を目にした時、

「女子とか嬢とかは年齢的にあのぅ…」

と言いたくなる場合がございますですよね。

あんまり深掘りすると諸々差し支えそうですが、
現在、我が越前市は、

「市長選挙期間中」

でもあり、今日は投開票日です。

「選挙カー」

が昨日は近所を、

「候補者名をなかなかの音量で連呼」

しながらウロウロしていました。

妻はマイクを使った大きな音量の選挙運動が好きではないですし、私は、

「事務所開き」

とか、

「出陣式」

とか、そういう、

「セレモニー的なものにお金を使うのは無駄では?」

という考えです。
もちろん反対の説得力のある意見もあるとは思います。

選挙の際、私が投票に際して重要視しているのは、

「人柄とビジョン」

です。
なので、選挙期間中ではなく、

「候補者の平時の他の人との接し方」

に関して、

「しな〜っと注視」

していますが、
今回の市長選挙に関しては、個人的に

「有力候補者のお二方との接点が少ない」

ので判断が難しかったわけです。ただ、

「有力候補者のうちのお一人は現職者」

だった事が一つの判断材料にはなりました。それとお隣の

「鯖江市」

の市長さんが、

「庶民派が連続していて素敵」

だと常日頃感じている事にも影響を受けました。

どちらに投票したとは申し上げませんが、
現職の我が市長さんも、

「43歳で市長になって長年公私に渡り尽力された」

ということに関しては大きな敬意を抱いている、
瀧株式会社代表取締役社長、
滝道生(タキミチオ)でございます。

「どっちが良くてどっちが悪い」

みたいな分かりやすい状況というのが、

「むしろレアケース」

という事実認識が肝要だと思います。


+---
*無断転載はほめられたことでは無いですが
何かに役立ててもらえると嬉しいのもまた事実です。
Copyright(C) 2021 TAKIPAPER
-+-

月別アーカイブ

top