ザカタキ! 第6723号 -台詞を言う-

★2024年6月15日(土)t-6723号★

チャオです〜!
おはようございます。

「出てこない」

ミチオさんです。

たまに、

「カメラの前で喋る」

機会をいただくことがあるのですが、

「台本」

を書いてもらったのを覚えたりしても、
その場で自分の言葉で喋ろうとしても、

「言葉が出てこない」

感じになるんですよね。

そのうち私の気持ちの中で、
恥ずかしさだけが盛り上がってきて、若干

「半笑い」

になったりしながらも、
それでもなんとか喋ろうとして、
その場をどうにかやり過ごすことを繰り返してますが、

「段取り通りに何かを言う」

ということがとにかく苦手です。

なので、

「俳優」

や、

「アナウンサー」

や、

「芸人」

など、

「人前で当たり前のようにスラスラ喋る職業」

の人たちに、深い尊敬と畏怖の気持ちを感じています。

決められた文言を一字一句間違えずに言う、
と言うことだけでも難しいわけですが、
上記の職業の中でも一流とされる人たちは、

「文意に気持ちを乗せて伝える」

ことによって、

「周囲に伝わる何か」

が突出しているんだろうとも思います。

オードリー

という20年以上前の連続ドラマを、
この頃たまに見まして、その後立て続けに

虎に翼

を見る展開になったりするので、

「文意に気持ちを乗せて伝える」

ことにおいて、
個人的な資質の他に、
時代や背景事情なども大きな影響がある気もします。

「ツボにはまれば」

ですけど、

「文意に気持ちを乗せて伝える」

ことは意外とできることもある、
瀧株式会社代表取締役社長、
滝道生(タキミチオ)なのでした。

2年前の、

国立循環器病研究センター病院での私の喋り

は、私としてはよく出来た方だと思っています。

+---
*無断転載はほめられたことでは無いですが
何かに役立ててもらえると嬉しいのもまた事実です。
Copyright(C) 2024 TAKIPAPER
-+-

月別アーカイブ

top
top