ザカタキ! 第5127号 -イースタン-

★2020年1月23日(木)t-5127号★

チャオです〜!
こんばんは。

「理想的」

には、ミチオさんです。

今回の件で私の中ではむしろ

「東出さん」

は、

「株を上げた」

感じもあるわけです。

無論、奥様ははらわたが煮えくり返っているでしょうけど、
つれあいの、

「かずいサン」

も、

「若いし(肉欲も旺盛なわけで)仕方ないんでは…」

と漏らしたりして、
意外なほど男性側に同情的な見解でした。

注)(肉欲も旺盛なわけで)というのは
   あくまで私の個人的な印象を言語化したものです。

基本的に周囲がどうのこうのいうことではない案件ですが、
やっぱりこういう話題って、

「どうのこうの言いたくなる」

のが、

「人間の性」

だとは思います。

「理想の夫婦」

とかって言われる側も精神的に辛いんだろうなぁ、
と感じたりもしますし、そもそも

「どこか欠けていたり足りなかったり抜けていたりするのが人間」

だと思うので、
建前や理想だけでは、
建設的で生産的な問題の解決は望めないと個人的に感じます。

完璧さや健全性を張り合うのではなく、
欠落した部分を補い合うような関係性が、
理想なのであろうと個人的には考える、
瀧株式会社代表取締役社長、
滝道生(タキミチオ)でございます。

そもそも自らにそこまで備わってるわけでもない、

「聖人君子性」

みたいなものを、
他者には堂々と求めちゃう雰囲気には、
賛同しかねます、ハイ。


+---
*無断転載はほめられたことでは無いですが
何かに役立ててもらえると嬉しいのもまた事実です。
Copyright(C) 2020 TAKIPAPER
-+-

月別アーカイブ

top