手すき

紙漉きの原点。その原理は極めてシンプル。
しかし、手仕事ならではの風合いが、やはり、手すきの紙にはあります。
“ふね”とよばれる水槽で、原料と水をよ〜く混ぜ合わせます。
原料をすくいとり、シェイク!シェイク!
原料が均一になるように“桁(けた)”を前後に動かすのです。
そして余分な水分を落とすため、しばし放置…。
そして…、ほいっ!
べ〜〜ん。
枠をはずすと原料が膜のようになって残ります。
それを紙すき機の毛布に伏せまして…、
どんぶらこっこ…。
布をかぶせてみたり。
そしてドライヤーから出てきます。
にき、にき、にき、にき、ニキ・ラウダ…。
出来あがりです。

この行程を担当する職人達!

山路 博志

Hiroshi Yamaji

The lord of papermaking

紙漉きの生き字引。和紙について彼が知らないことが果たしてあるのだろうか。紙にまつわる総てが彼によって紐解かれる。

岩野 勇

Isamu Iwano

Terrible flame

紙に限らず様々なことに深く通じている。ひとたびその燃えさかる情熱の炎を仕事に向けると、どんな困難も容易く葬り去ってしまう。