た紀行 宣伝系アーカイブ

ザンビアに行ってきました!

2017年3月末に、アフリカのザンビアに行ってきました。

papermen.jpg

既に進行している、

バナナペーパープロジェクト

の更なる量産化を図るため、和紙を作る時に使う機械や道具を用いてザンビアでの作業工程を改善しよう!ということで、飛行機を乗り継いで20時間以上かけて行ってきたのです。

IMG_0200.jpg

↑左からペオ・エクベリさん、ビリー・エンコマさん、プリンスさん、ルービンさん、私。

ペオさんご夫妻とビリーさんが中心となりバナナペーパープロジェクトは進んでいます。

IMG_0161.jpg

↑我々の地元、福井県越前市で製造した、ビーター(紙の原料を細かく繊維状にする機械)も動き始めました。左奥がエクベリ聡子さんとプリンスさんです。

作業現場はとても清潔に保たれていました。が、ガラスのアルミサッシやキッチリ直角なドアといった日本では当たり前のものが流通してなくて、建物の気密性が開放的なので、

IMG_0162.jpg

↑もし刺されたら激痛により病院で麻酔を必ず注射しなくてはならないと言われるサソリや、たかった相手に卵を産みつけるツエツエバエが普通に居ました。安易に手で物を触ろうとすると陰に潜んでいる場合があり常に警戒が必要です。

そう言いながらも現地の人達は、小動物には慣れっこなので、大して気にせず仕事を進めます。

IMG_0355.jpg

↑左からジョナサンさん、スーザンさん、ビートリスさん。

英語が下手な私の妙なボディーランゲージにひるむことなく、すんなり紙漉き作業が出来るようになった明るく頼もしい人達です。(ニャンジャ語が現地の言葉ですが、その他に英語が話せる人が多いです)

IMG_0194.jpg

↑バナナペーパー工場から100kmぐらい離れた「チパタ」という町への買い物に同行しました。

水の配管やシャワーヘッド、蛇口、電源のコードや分配器、変圧器、プラグやソケットなどの物品をそれぞれの店先でペオさんが熱烈に交渉しながら買い付けていました。

バナナペーパーの工場敷地内にはペオさん達が掘り当てた井戸があり近所の人達も毎日水汲みにやって来るんですが、工場敷地内の建物の水回りや電気、施設の建築等の工事は全てペオさん達が現地の人達を集めて自ら行ったものです。

日本なら電気工事業者さんや水道工事業者さんに依頼して行う工事を全て自前でやるわけですから、まさに「草の根レベル」の活動です。

IMG_0185.jpg

施工の仕方を間違えたりケーブルの長さが足りなかったりしたら、その度に遠く離れた「チパタ」で物品を買い直し、もし雇った人の作業ミスで工期が延びたらその分の人件費を更に余分に支払い(ミスは頻発する模様でした...)試行錯誤を繰り返しながら徐々に出来上がってきた施設群は、アフリカの強い日差しの下、眩しく輝いているように感じられました。

IMG_0216.jpg

↑野生動物を保護するための特別なガイドの資格を持つ、ビリーさんに、

IMG_0311.jpg

↑半日間、サウスルアングア国立公園の中を案内してもらいました。

IMG_0282.jpg

↑巨大なキリンがこっちめがけて歩いてきたり、

zeebra.jpg

↑シマウマやインパラの群れが居たり

IMG_0293.jpg

↑親子連れのアフリカ象の後ろ姿に、遠く離れた日本に居る家族を思い出したりしました。

IMG_0349.jpg

偉大な自然と、国境を越えた多くの人達の熱い思いに支えられ、バナナペーパープロジェクトは確実に進展しています。

バナナペーパー製品についての詳細は、

・株式会社 山櫻 バナナペーパー紹介ページ

・ミヤザワ株式会社 バナナペーパー紹介ページ

を是非ご覧下さい。

福井県ふるさと企業に認定されました!

福井県の産業振興や地域経済の活性化に貢献している中小企業等にスポットを当て、そのキラリと光る優れた取組み等を表彰する福井ふるさと企業表彰にて、弊社が認定されました。

furusatotaki.jpg

晴れやかに認定証を届けてくれた福井県産業政策課の飛田(ひだ)さんと記念撮影!

認定証はやっぱりさすがに福井県の県章がスカシ込まれた越前和紙でした。

nintei.jpg

月刊タキペーパー2017年2月号

201702.jpg

1月半ばにまとまって降った雪はほとんどとけてしまいました。

吹雪いたり、これでもかと積もったりする時は、本当に鬱陶しいだけの存在ですけど、敷地の片隅に押しやられ無くなってしまいそうな残雪を見ると、名残り惜しさを感じたりも致します。

例年ですと、2月にも何回かは雪が降る福井県越前市でございます。

月刊タキペーパー2017年1月号

201701.jpg

あけましておめでとうございます!タキペーパーダイレクトです。

昨年一年間は、これまでで一番早く過ぎ去っていった一年間だった気がします。かと言ってその一年で、何かコレ!というものが出来たか?というと微妙な気もします。

時間がアッという間に過ぎゆくものだということをしみじみ感じる年齢となりましたが、本年もどうかよろしくお願いいたします。

月刊タキペーパー2016年12月号

201612.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。

会社の前の街路樹から落ち葉がボトボト落ちて、歩道が落ち葉だらけになって困っていましたら、風が強く吹いて、道路がスッキリ掃除したみたいになりました。

側溝などに風に吹かれた落ち葉がモッサリ溜まって、結局は掃除したんですが、風のおかげで手間はだいぶ省けたと思います。それにしてもアッという間にもう12月ですね...。

月刊タキペーパー2016年11月号

201611.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。

近くの山では猿が普通に出没しますが、平地の柿は、手つかずのまま残っている場合が多いようです。

枯れた落ち葉が道路の上に目立つようになってきて、いよいよ秋も深まってきた雰囲気です。 風邪の季節です。皆々様、お身体ご自愛下さい。

月刊タキペーパー2016年10月号

201610.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。

道ばたに咲いた彼岸花に思わず見とれました。この時期にだけ雑草にまみれて赤く咲く花、ということで何かと意味付けをしてしまいがちですが、彼岸花の立場としては、出来ることをキッチリやっているだけなのだろうな...、と思いました。

何だかんだで今年も十月になってしまいました。

月刊タキペーパー2016年9月号

201609.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。

稲刈りが終わってすぐの田んぼからは、草が焼けたと同時にこもった湿気が開放されたような、複雑な香りが漂ってきます。個人的には好きな香りです。

今年も夏が終わって、秋が淡々とやって来たようです。

月刊タキペーパー2016年8月号

201608.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。

3週間ほど前、突如、会社近くのゴミ収集ボックスの脇にナンバーの外れたワンボックスカーがどこかの誰かによって放置されました。

もしかして、燃えないゴミの日に回収されるのかも?と淡い期待を寄せてましたが、燃えないゴミの日が過ぎた今も、照りつける日差しの中で堂々と悪びれずに佇んでいます...。

月刊タキペーパー2016年7月号

201607.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。

去年、暴風雨で枝が全部吹き飛んで、「一本の棒」みたいになっていた倉庫脇の植物が、ここ2,3ヶ月の間に猛烈に復活して立派に茂っています。
「繁茂」という言葉がとても似合う、梅雨のジメジメ感を吹き飛ばす生命力に感心しています。

月刊タキペーパー2016年6月号

201606.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。

ヤマボウシの樹に花が咲きました。一見、白い部分が花に見えますが、本当はその白い部分の中心にある薄黄色の物体が花なのだと妻が教えてくれました。
どっちでも良いけど、まあ、なんとなく綺麗だな...、と思った次第です。

月刊タキペーパー2016年5月号

201605.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。

3月下旬に設置した鯉のぼりがいよいよ見頃を迎えました。元気に風にたなびく姿も良いのですが、みんなが寄り集まってしなだれかかってる様子がとても好きです。何だか妙に和やかさを感じるんですけど、去年もほとんど同じ構図の写真と文章をココに載せたと今気付いた次第です。

月刊タキペーパー2016年4月号

201604.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。

新入生、入社式、というような言葉が踊る4月でございます。地元でも桜が花を咲かせ始めています。桜の咲く時期が新しい生活の始まりと重なるのは、なんとも味わい深いですね。考えてみたら、私は桜の咲くこの時期に、中途採用で弊社にやって来たのでありました...。

月刊タキペーパー2016年3月号

201603.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。

朝、目が覚めて外を見たらうっすらと雪が積もっていて、近くの山が粉砂糖を振りかけたチョコレートケーキみたいになっていました。もう3月ですが、まだ雪は降ります。そして気温の寒暖には関係なく食欲は好調をキープしています。

月刊タキペーパー2016年2月号

201602.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。

先週まとまった雪が降り、結構積もっていたんですが、その後、雨が降り続いて雪は大部分が融けてしまいました。暖冬ではないと思いますが福井県越前市的には雪が少ない冬です。
そして例年以上に、アッという間に2月になった気がします。

月刊タキペーパー2016年1月号

201601.jpg

あけましておめでとうございます!タキペーパーダイレクトです。

雪の気配すら全く無い年明けを迎えました。我々の地域ではかなり珍しい天気が続いています。 「除雪」という仕事が全く無くなった分、体重はドカンと重くなりそうな雰囲気を感じていますが、本年もどうかよろしくお願いいたします。

月刊タキペーパー2015年12月号

201512.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。

師走です。先生も走る時節柄です。我々の住んでいる所は雪国なので、ほぼ全ての人が冬には自動車のタイヤをスタッドレスタイヤに交換します。去年は我が社の車のスタッドレスタイヤが1台分どこかに紛失してしまったという事件がありましたが、今年はちゃんと保管してあった場所にタイヤが全部ありました。本格的な冬を迎える準備が整いつつあります。

月刊タキペーパー2015年11月号

201511.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。

ツヤのあるオレンジ色の柿の実がついたままになっている木が、近所には結構あります。せっかく立派な 実をつけたけれども、人間にも動物にもあんまり興味を持たれていない感じです。なんとなく寂しさを感じます。
柿の実のオレンジ色は個人的にはとても好きな色です。

月刊タキペーパー2015年10月号

201510.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。

木々が色づいてきました。敷地内のモサモサした木が気になったので、剪定をしました。このところ剪定が趣味になりつつある気がします。
「切り過ぎるな!」と自分に言い聞かせながら作業をするんですが、やっぱり夢中になってしまって枝を切り過ぎてしまいます。サッパリし過ぎた木を眺めながら秋の訪れを感じています。

月刊タキペーパー2015年9月号

201509.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。

夏が終わりました。お盆休みの時に庭の木を自力で剪定しましたが、早くも新しい枝がニョキニョキと生えて来ていて、そこにトンボがとまっていました。

数日しか夏休みが残っていない時期の切ない気分を、40歳を過ぎた今でも結構はっきり覚えていることを噛みしめている今日この頃です。

月刊タキペーパー2015年8月号

201508.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。

先日、隣町の道の駅で「墨流し体験教室」を開催しました!
夏休みまっただ中のお子さん達に、墨流しの涼しげで風流な体験を味わってもらって、夏休みの宿題を進めるアシストが出来たと思っています。

当日は猛暑日でお客様の入りはまばらでしたので、個人的にもクールな体験でございました...。

月刊タキペーパー2015年7月号

201507.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。

倉庫脇で羽化したオニヤンマをたまたま見つけました。
もうすぐで、抜け殻を残して飛び立って行くところでした。大人になっても自由に空を飛ぶことは出来ない私ですが、「羽ばたく」という言葉は今でも結構好きなのでありました。

宣伝広告:墨流し体験教室やりまっす!!

suminagasi.jpg

7月25日(土曜日)に弊社主催で墨流し体験教室を開催します!

場所は、道の駅西山公園2階交流室です。

県指定無形文化財の福田忠雄さん直伝の教室ですので、ご来場頂ければきっと貴重な体験をして頂けると思っています。

suminagasi2.jpg

老若男女を問わずたくさんの皆様のご来場をお待ちしています!!

月刊タキペーパー2015年6月号

201506.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。

新緑の季節です。新緑の季節は雑草の季節でもあります。
昨年、倉庫の脇で大木みたいに育った雑草を切り倒したんですけど、切り株の側からまたニョキニョキと逞しく成長して来ました。みなぎる生命力に圧倒されっぱなしです...。

月刊タキペーパー2015年5月号

201505.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。

鯉のぼりを設置しました!風が吹かないとたなびかなくて、鯉の家族が一丸となってだらけているみたいな佇まいを見せてくれます。
コレはコレで心を和ます良い感じだと思って、近くを通る度にしばらく眺めております。

月刊タキペーパー2015年4月号

201504.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。

近所に突如、勇壮な松が出現しました。おそらく長年お手入れを続けていた「盆栽」が、どうにもこうにも「規格外」になってしまい、仕方なく地面に植え替えたものと思われます。
いつも通る道の脇に、ある日突然、この松が姿を現した時は、本当に驚きました。

月刊タキペーパー2015年3月号

201503.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。

このところ雨の日が多くなり、冬の間、ず〜っと雪が留め置かれていた場所の地面が再び顔を出しました。そして早くも雑草が芽生えていたのです。
福井県地方に、じりじりと春が接近中でございます。

月刊タキペーパー2015年2月号

201502.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。
息子の誕生日に頂いた木製の車のおもちゃなんですけど、まぁるい形がなんとも言えず見ているだけで和みます。まぁるい形って、なんか良いですね...。特に木目の丸いタイヤがグルグル回る雰囲気が好きなのです。
「二月は逃げる」と言いますが「敢えて追いかけない」みたいな呑気な気分にちょっとだけ浸っております。

月刊タキペーパー2015年1月号

201501.jpg

あけましておめでとうございます!タキペーパーダイレクトです。
お正月、我々の住む地域でも近年まれに見る大雪に見舞われました。上の写真はフォークリフトで除雪作業中、車内から撮ったものですが、このぐらい積もると、すくいあげた雪の持って行き場所が無くて作業は難航するのでありました...。
本年もどうかよろしくお願いいたします。

月刊タキペーパー2014年12月号

201412.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。冬です。
冬の福井と言えばなんと言っても「カニ」であります!
ズワイガニ(雄)は11/6~3/20、セイコガニ(雌)は11/6~1/10、ズボガニと呼ばれている水ガニは、12/21~3/20までが漁の期間でその時期しか食べられません。
と言ってもズワイガニはお値段が高過ぎて手が出ないので、私が現実的に食べるのは雌のセイコガニですが、強がりでなく「セイコガニの方が旨い!」という人が地元では多数派だと思います。
福井の「カニ」はひっくるめて「越前ガニ」と呼ばれています。

月刊タキペーパー2014年11月号

201411.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。
すっかり肌寒くなって冬の気配を感じております。
個人的なことですけれども写真のような棒を買いました。この上に仰向けになってゴロゴロと寝そべっていると不思議と肩凝りが軽くなる気がして目下愛用中です。
棒の値段は、高いモノですと1万円ぐらいしますし、安いモノなら2千円程度ですが、私は5千円ぐらいのを買いました。妻もなかなか気に入っている模様です。

月刊タキペーパー2014年10月号

201410.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。
この間、家の入り口付近で指先ぐらいの大きさのトゲだらけの虫に出くわしました。今までに見たことの無い生き物でしたけど、多分、毛虫の仲間だと思われます。
妻が結構本気な調子で「地球外生命体ではないか?」と申しておりましたが恐らく違うでしょう...。何はともあれ秋本番を迎えつつある今日この頃です。

月刊タキペーパー2014年9月号

201409.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。
福井県地方も今年の夏は日照時間が短く雨が多かったように思います。
何か明るい話題を書こうとしましたけど、曇り空に浮かぶうろこ雲を眺めて静かに秋の訪れを待ちたい気分になりました。風景としての自然は丁度良い感じを見せる時もありますよね。

月刊タキペーパー2014年8月号

201408.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。
倉庫の脇に生えていた草がいつのまにか3メートルぐらいの高さにたくましく成長していました。インターネットで懸命にこの草か木か分からない植物の名前を探したのですが、今現在不明なままです。
猛暑の中でも激しく成長を続ける名前も分からない植物の生命力に感心していますが、同時にちょっと呆れてもいます。

月刊タキペーパー2014年7月号

201407.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。この時期、雑草の生長が真っ盛りで10日に1回ぐらいは草取りをしています。その昔、取られても踏まれてもまた生えてくる雑草にちなんで「草魂(そうこん)」というプレースタイルを確立した「鈴木啓示」さんの講演会が故郷で開催されました。
鈴木さんは立派だと思いますが、ハッキリ申し上げて雑草は好きではありません。

月刊タキペーパー2014年6月号

201406.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。工場の屋根の上に鳥が巣を作りました。
私は実物を目撃していないのですが、燕よりも大きな名前は分からない野鳥らしいです。
毎日綺麗に掃除してもすぐに汚れる巣の真下近辺のコンクリートの地面を見ますと、野鳥の一家が活発に暮らしている様子が伺い知れます。
私の大好物が「若鶏の唐揚げ」であることとは直接的には関係のないお話でございました。

月刊タキペーパー2014年5月号

201405.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。いわゆるひとつの若葉の季節になりました。
ついこの間から、小学生の頃に夢中だった漫画を集め始めました。動機的なものを上手に言葉にできないのですが、背表紙を眺めているだけで気力が漲ってくる気がするんですよね。
でも、何かのついでに古本屋さんで買い求めているので全部揃うまでには遠い道のりが続いているのでございます。

月刊タキペーパー2014年4月号

201404.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。
晴れた日に歩いていたら、すっかり大きくなっているふきのとうの大群を見つけました。
ここ越前市は春真っ盛りでございます。そう言えば福井に「春うららかな書房」という場所があったことを思い出しました。福井弁で「自分」のことを「うら」、「自分たち」のことを「うらら」と言いますが、主に年配の方が使う言葉でございます。

月刊タキペーパー2014年3月号

201403.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。
先月、神戸に出掛けましたらセブン-イレブンさんに小型戦闘機のような配達用車両が置かれていました。
なんだか攻められてる気がしました。
スギ花粉の季節がやって来て、花粉症の私にはちょっと辛いのですが、気持ち的には「攻め」で乗り切りたいと思っています。

月刊タキペーパー2014年2月号

201402.jpg

こんにちわ!タキペーパーダイレクトです。
1月が早くも終わってしまいましたが、今年は積雪が少ないです。例年のこの時期なら屋根や道ばたに雪があって当たり前ですが今年は「残雪すらない」状況です。この間、上の写真の場所で暖かそうに猫がひなたぼっこをしていました。雪が少なくて喜んでいるのは人間だけではなさそうでございます。

月刊タキペーパー2014年1月号

201401.jpg

あけましておめでとうございます、タキペーパーダイレクトです。
新年を迎えるにあたり弊社ではいろんなところに、しめ飾りを取り付けます。ここ数年、しめ飾りを見ると神妙な気持ちになるようになってきました。個人的なことですが今年は「厄年」なのであります。なんとか無難に乗り切りたいと考えておりますが果たしてどうなることやら...?です。
皆々様の一年が素敵なものになるよう、スタッフ一同、願っております。

月刊タキペーパー2013年12月号

201312.jpg

こんにちは、タキペーパーダイレクトです。
北陸地方の冬の空はたいていどんよりした灰色の曇り空なのであります。先日、約一週間静岡県に滞在したのですが真っ青に晴れ渡る日が続いたので太平洋側との気候の違いを改めて感じました。それにしても今年も残すところあと一ヶ月となってしまいました。気温的には本格的に冬が到来しちゃっておりますが、除雪が面倒くさいので個人的に雪はあまり降って欲しくないのでございます。

月刊タキペーパー2013年11月号

201311.jpg

こんにちは、タキペーパーダイレクトです。
熟し過ぎた柿が木にぶら下がっている今日この頃です。福井県地方はすっかり寒くなりまして朝晩の気温は一桁台の日が多いです。
「こたつ」がとても恋しいのですが、私が「こたつ」に入ったまますぐ寝てしまうので、我が家では「真冬でもこたつを出さない」ことが定番化しまして8年目ぐらいの冬を迎えています。

月刊タキペーパー2013年10月号

201310.jpg

こんにちは、タキペーパーダイレクトです。
お彼岸が過ぎましてめっきり涼しくなって来ました。朝晩は寒いぐらいですがその寒さに「負けませんよ!」みたいな風情でヒガンバナが真っ赤に咲き誇っているのが印象的でした。
私の身体はすっかり寒暖の差に参ってまして風邪を10日間ぐらいひきっぱなしです。皆々様もくれぐれもお身体を大事にして下さい。

月刊タキペーパー2013年9月号

201309.jpg

こんにちは、タキペーパーダイレクトです。
いつのまにか自宅の軒下に要塞みたいな蜂の巣が出来ていました。
登山用のカッパを着込んで蜂専用の殺虫剤を手に熱くて暑い戦いの末、蜂の巣を撤去しました。それにしても想像以上の数の蜂が居て個人的には今年一番身の危険を感じた経験でした。

月刊タキペーパー2013年8月号

201308.jpg

こんにちは、タキペーパーダイレクトです。
たしか福井県地方は梅雨明けがまだでございます。
暑くて湿っぽくて、雨もしょっちゅう降る日が続いております。人間はバテ気味でも、小動物達はむしろ生命力に溢れる感じになってきている気がする今日この頃でございます。

月刊タキペーパー2013年7月号

201307.jpg

こんにちは、タキペーパーダイレクトです。
上は越前和紙の里一帯の写真なのですがご覧のように山の近くです。なので野生の虫とか獣も非常に身近に暮らしています。一番最近では「イタチ」を弊社の隣で目撃しました。生まれて初めての経験でした。「キジ」の鳴き声がカン高いということもこの地域で学びましたし、「カミキリムシ」もよく見かけます。
素敵な自然に囲まれてて幸せです、が、「ムカデ」とかの節足動物には未だに慣れることが出来ません...。

月刊タキペーパー2013年6月号

201306.jpg

こんにちは、タキペーパーダイレクトです。
弊社の地元周辺で一番高い山は、標高794.8mの日野山(ひのさん)でございます。地元の人達は遠足等で日野山登山をしてこの山に馴染んでいるみたいなのですが、私は生まれ育ちが別の場所なので一度も登った経験がございません。山道は険しいらしいのでこれからも登ることは無いと思いますが、個人的にちょっと気になっている場所なのでございます。

月刊タキペーパー2013年5月号

201305.jpg

こんにちは、タキペーパーダイレクトです。
雨上がりの新緑が眩しい季節になりました。なにせ自然は豊かな越前和紙の地元です。
5月3日・4日・5日はその昔、里人に紙漉きを教えたとされている紙祖神・川上御前を祀る
"神と紙の郷の春祭り"が行われます。この地区が一年で一番活気づく時期を迎えている今日この頃です。

月刊タキペーパー2013年4月号

201304.jpg

こんにちは、タキペーパーダイレクトです。
ニョキニョキとふきのとうが弊社近くの野原に生えておりました!春もたけなわといった感じでございます。
親戚の子供が今年、小学生になるんですが、子供ってあっという間に大きくなりますね。たくましく育ったふきのとうを見て、季節の移りかわりの目まぐるしさと元気な生命力とを同時に感じました。

月刊タキペーパー2013年3月号

201303.jpg

こんにちは、タキペーパーダイレクトです。
福井県地方も日に日に春めいてきています。近所の山々の色は雪の白色から杉の木の赤茶色へと様変わりしており、スギ花粉の大量放出へ向け余念がないという雰囲気です。今年は大量の花粉が舞うことが予測されており私も花粉症なのですが張り切ってこの季節を乗り切りたいです!

月刊タキペーパー2013年2月号

201302.jpg

こんにちは、タキペーパーダイレクトです。
2013年も既に一ヶ月が経ってしまいました。ちょっと完成が遅ましたがタキペーパーオリジナルすかし入カレンダー2013年版が、今も尚少しずつ売れています。江戸小紋の印象的な柄のすかしと江戸を意識した紙色が特徴の自信作です。もしご存知でなかったら是非とも弊社ホームページ等でご確認下さいませ。

2013年も何卒よろしくお願いします。

2013snow.jpg

あけましておめでとうございます。
お正月休み中、福井県地方はほぼ雪が降り積もるお天気でした。

弊社は2013年1月7日から営業を開始します。
本年もスタッフ一同、精一杯尽力いたします。
どうかよろしくお願いいたします。

月刊タキペーパー2013年1月号

201301.jpg

こんにちは、タキペーパーダイレクトです。
冬場に弊社にお越しになるお客様は、近くの山々が雪化粧をして更にモヤがかかっている様子を見て「綺麗ですね〜!」とおっしゃいます。我々にとっては見慣れた景色なのですが、改めて眺めると実に綺麗だということに気付きます。新しい一年、フレッシュな気持ちで臨みます。今年もどうかよろしくお願いいたします。

月刊タキペーパー2012年12月号

201212.jpg

こんにちは、タキペーパーダイレクトです。
昔から冬に漉かれる紙は「寒漉き(かんずき)」と呼ばれ重宝されています。気温が低いと「ネリ」という紙漉き作業に使う粘り気のある液体の効果が長持ちするので良い紙が漉ける、とされております。暖房器具が乏しかった時代の紙づくりを思い浮かべますと先祖の偉大さがしみじみとしのばれます。

月刊タキペーパー2012年11月号

201211.jpg

こんにちは、タキペーパーダイレクトです。
ここ越前和紙の里には、紙の神様を祀る「大瀧神社」があります。会社から近く、お散歩には持ってこい。
いちょうの木がたくさんあるので、この時期は銀杏の実がいたるところに落ちています。もうすっかり秋ですね。

月刊タキペーパー2012年10月号

201210.jpg

こんにちは、タキペーパーダイレクトです。
猛暑を過ぎ、自然は確実に秋に向かっています。山際にある弊社の近所には柿や栗の木が実を付け、コスモスが可憐に咲いています。忙しい毎日、秋晴れの空を見上げてみればはっとする光景に出会えるかもしれません。

月刊タキペーパー2012年9月号

201209.jpg

こんにちは、タキペーパーダイレクトです。
小中学校の夏休みも終わりました。お盆休み前に弊社事務所のレイアウトを変更し作業机の上もすっかり綺麗にしたのですが、綺麗な状態は2日も持たなかったと思います。お休みが終わってしまう!という切ない気持ちを、思い出すことさえ難しくなって来た今日この頃です。

月刊タキペーパー2012年8月号

201208.jpg

こんにちは、タキペーパーダイレクトです。
毎日暑い日が続きますね。上の写真は年頭に弊社のお客様に頂いた耳付きはがきの年賀状です。シンプルでかつ大胆なデザインにスタッフ一同感嘆しました。今年の後半戦も引き続き昇り龍をイメージしつつ取り組んで参りたいと思ってます。

月刊タキペーパー2012年7月号

201207.jpg

こんにちは、タキペーパーダイレクトです。
いよいよ夏本番!タキペーパーの和紙漉き工場では、夏、窓を開けて風通しを良くしています。窓辺につるした風鈴のシルエットと「チリン」という音色は、涼しい気分を演出。日本人の知恵って素晴らしいですね。

月刊タキペーパー2012年6月号

201206.jpg

こんにちは、タキペーパーダイレクトです。
ほとんどの地域では雨降りの日が多くなる季節。それでも晴れ間にお散歩すると、みずみずしい草花が目も心も癒してくれます。
優しい気持ちになれた時、そんな時には身近にいてくれるあの人に、お手紙を書いて見ませんか?

2012年も何卒よろしくお願いします。

newyear2012.jpg

あけましておめでとうございます。
2012年1月5日から弊社は営業を開始します。
本年もスタッフ一同、精一杯尽力いたします。どうかよろしくお願いいたします。

学研「大人かわいい女子文具」で紹介されました!

9月30日発売の雑誌「大人かわいい女子文具」(学研)でタキペーパーダイレクトのオリジナル商品が紹介されました。

DSC02584.JPG


紹介されたのは桜鶴メモパッド細型ぽち袋・青海波(7枚組)細型ぽち袋・紅一本(7枚)の3点です。

ぽち袋は年末年始に人気ですし、桜鶴メモパッドはプレゼントなどにも喜ばれる商品です。

いずれも思い入れのある商品なだけに、見つけ出してくださった事に感謝です。

今年も「国際 文具・紙製品展」に出展します!

7月6日(水)~8日(金)の日程で

「国際文具・紙製品展」

に出展いたします。


東京ビッグサイトに日本国内のみならず、
アジア各地から関連会社が一堂に会す展示会です。

弊社は「和文具・和紙ゾーン」
ブースを構えておりますので、
会場にお越しの際は、是非、お立ち寄りください。


無料招待券をお持ちでない方は、

https://contact.reedexpo.co.jp/expo/ISOF/?lg=jp&tp=inv&ec=ISOT

↑こちらからお申し込みになれるようです。

漉好(すきずき)マイナーチェンジ

michivic.jpg

お客様からのお問い合わせがダントツで多い、スカシの入った紙に関しましてなのですが、従来のやり方を一部見直しました。
弊社にその時点で在庫のあるスカシの入った和紙をお客様へメール便でサンプルとしてお届けし、そのサンプルをもとに紙の製作を進めさせて頂きたいと考えています。

弊社のスカシプロモーションサイトである、漉好(すきずき)も分かりにくいとのお声を頂戴していた部分を改めてアップし直しましたので、あわせてご確認頂けると幸いでございます!

タキペーパー通信(隔週版)始めました!

2月になってから弊ネットショップタキペーパーダイレクトのメールマガジンを会員の方に配信しております!

月の第2週と第4週の水曜日に継続して配信していきますので、どうかお含みおき下さい。

今回だけは、ホームページでもその内容を公開させて頂きますです。

剥離紙

hakuri.jpg

↑これは弊社製の機械漉き剥離紙です。

国宝「鳥獣人物戯画」のうち「丙巻」という巻物は、両面に絵が描かれた一枚の和紙を薄く2枚にはがした後、つなぎ合わせて一つの絵巻物に仕立て直したものであることが分かったそうです。

手漉き和紙は断面が層状になっているので、水に浸すと何層にも剥がれるのですが、ここまで大きいサイズのものをはがすのには、相当の根気と技術が必要だったと思います。

あるものの特性を最大限利用し、工夫する姿勢。昔の人に負けていられません。

手漉き和紙の特性を残しつつ、機械漉き和紙で再現したのが冒頭の画像の剥離紙であります。

紙を巻くとどうしてもシワやヨレができてしまいます。
そのような状態を避けるため、作品を描いた紙を剥離し、薄い状態にして、
掛け軸などに仕立てるのであります。


*参考トピックス…鳥獣戯画、表裏に描かれていた…はがして巻物に(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20110215-OYT1T00931.htm

新たに、わしの披露宴というコーナーを作りました。

わしの披露宴バナー画像

入魂の紙作品をいろんな人達が見せ合うことができるように、

わしの披露宴

という新しいコーナーを設置しました。ご自慢の作品写真をメールで送って頂きますれば、スライドショーと大画像でご紹介させて頂きます。
どうか奮ってご応募下さいませ!

2011年あけましておめでとうございます。

2011factory.jpg

あけましておめでとうございます。
一面真っ白な新年の始まりとなりました。
皆々様の更なるご発展を心より祈念いたしております。

弊社は1月5日より営業を開始いたします。
本年も何卒どうかよろしくお願いいたします。

URALA12月号に載りました!

uralakazui.jpg

地元福井の情報誌URALA、12月号の36ページに弊社のネットショップが掲載されました。
とっても和やかな雰囲気で紹介されていましてありがたき幸せです。

カドをとった封筒シリーズ新発売です!

housyo_youra440.jpg

このたび、タキペーパーダイレクトにて、封筒を開いた時の紙の端っこのフォルムにちょっとこだわって作った、

カドをとった封筒シリーズ

の販売を開始しました。

2010東京国際包装展に出展させていただきました。

180x150_ja.gif

10月5日(火)〜10月8日(金)の期間で開催される東京国際包装展に出展しています。

緊急告知!紙洗顔書籍ジャストビガンっ!!

R0012087

美容に関心の高い専門家の間で定着しつつあるとの呼び声高い、弊社が製造・加工をさせて頂いている、美顔和紙が、その使用法や効能などを網羅しまして、この度、書籍化される運びと相成りましたっッ!

朝日新聞さんに掲載されました。

asahinews0604

2009年6月4日付、朝日新聞さんの福井県版27頁、会社へ行こうコーナーにて、紙洗顔もろともご紹介いただきましたぁ!

口べたな私どもの言説を取り繕って、

「紙作りに携わる人以外の発想に、紙の使い道が眠っていた」

という名文句を紡ぎ出した、担当記者様の積極果敢な筆致に、全社を挙げてただただ脱帽している次第です。
今後とも何卒どうかよろしくお願い申し上げます。

盛況御礼!おりがみ教室

R0012267

当初の予測を大きく上回る、

約100名様

のご参加を頂戴した、

おりがみ教室

が、和やかな雰囲気の中なんとか無事に終了いたしました。
御関係各位のご尽力に、心から深く御礼申し上げる次第です。

いろいろと不備な点がございまして、お恥ずかしい限りでございましたが、
今後とも何卒どうかよろしくお願い申し上げますです。

2009年あけましておめでとうございます。

yamajismile2009.jpg

とにもかくにも、まずは社内で、お腹の底から笑えるような場面を、もっともっと増やしていきたい!と考えております。

本年も何卒よろしくお願いいたします。

年頭のご挨拶〜2008〜

新年あけましておめでとうございます。

hinomaru_02

↑弊社の書き初め用和紙・日の丸一式に新年に臨む心意気を書きました。

そもそもどういうつもりであったのかを忘れること無く、
進取の気質が旺盛である
そういう会社でありたいと考えております。

本年もどうかよろしくお願いいたします。

七夕だ!2007

気が付けば今日は七夕(たなばた)。

七夕スクリーンセーバーサンプル画像

この時期、毎年必ずと言っていいほど引っ張り出してくるのが、
弊社唯一のモニター上の知的財産、

七夕大礼紙という和紙をモチーフにしたスクリーンセーバー

であります。

ボ〜っと眺めてたら時間が経つのを忘れてしまいそうです。

BEER Tee、海を渡る!

sIMGP0080.jpg

3年前弊社が作成し、超局地的にすらあまり巷を騒がさなかった感のある

BEER Tee

なんですが、今年に入って

んちゃっ!

という快活なごあいさつから始まるメールがとっても印象的な、埼玉県にお住まいの
H山さまという、うら若き女性の方から

「義父へのプレゼントとして頂けないでしょうか?」

という誠にありがたいオファーをいただきました。

しかもそのお父様、実はオーストラリアの方だったのであります。

あけましておめでとうございます -2007-

R0011030

今年も、何卒ひとつ、よろしくお願い申し上げます。

盛況御礼!有楽町は大にぎわいでした!

R0010734.jpg

おかげさまをもちまして、

山櫻プライベートフェア2006 | 75th
「心のかたち、紙のかたち」

は大盛況の内に、昨日、無事終了いたしました。

会場にお越しいただいた皆様方はもとより、
熱烈なご支援をいただきました山櫻スタッフの皆様、
ご関係各社の方々に厚く御礼申し上げます。

有楽町で逢いましょう!

R0010597

寄る年波が伺い知れる

フランク永井氏の名曲

ではございますが、実はこのたび、株式会社 山櫻さまが創業75周年を記念して開催される

山櫻プライベートフェア2006 | 75th
「心のかたち、紙のかたち」

にそうそうたる企業の皆様とともに我が社も奮って協賛させていただきます。

ザカタキ集できました。

ストアタキペーパーにて毎日無料で配信しているメールマガジン、
「ザカタキ」がイッキ読み出来る

ザカタキ集

を作りました。

「若気の至り」を地でいってる感じではありますが、
その辺はどうか大目に見てやって下さいませ。

あけましておめでとうございます。

旧年中は格別なる御愛顧を賜り、誠にありがとうございました。
新年は5日(木)より、通常通り営業いたします。

スタッフ一同、気合を入れ直し邁進していく所存ですので、
みなさま、本年もどうかよろしくお願い申し上げます。

雪が積もっております。

雪景色

福井県越前市地方は現在、すっかり雪につつまれております。
年越し前にここまで本格的な雪が降るのは、ここ数年なかったことのように思います。

近々このあたりにお越しのご予定がある方は、どうかくれぐれもお足下にお気をつけ下さい。

晴れでも、そうでなくても、よさげな紙にあえるかも。

晴れでも、そうでなくても、うれしい

皆々様にこんなお知らせができて、とてもうれしいです。

storeTAKIPAPERの商品をウチで置いてみるのってどうスカ?」

って買い物の途中、なにげなく店主の嶋田さんに
照れ混じりに言ってもらえちゃったわけですよ!

うちみたいなネットショップの問題点の一つは

実物をじかに見れない。

ということなんですが、

a little, good gardenさま

のご厚意であっさり解決した模様です。

七夕ロマンチカ。

いや〜、一年に一度の七夕(たなばた)ですね〜。

七夕スクリーンセーバーサンプル画像

七夕大礼紙という和紙をモチーフにした、
わが社自慢の壁紙ならぬスクリーンセーバーです。

ロマンチックな夜空と、ちょっとウットリしちゃう映像で
気分はいやがおうにも盛り上がるのさ〜!

山形桐紙製造法。

桐を削る模様

いつもは
イタガキくん
なんて、なれなれしく呼んじゃってますけど…。

山形県の桐紙職人、
板垣好春さんご本人の許認可を頂きまして、

桐紙がどうやって出来るのか?

その全貌を公開します。

イタガキくんの職人としての仕事ぶり、
“おっとこまえ”な一面が垣間見えます。

和紙の三国宝、京都に結集!

壇上のお三方画像

手漉和紙分野には現在、

名塩雁皮紙 谷野武信 様
石州半紙 久保田保一 様
越前生漉奉書 岩野市兵衛 様

の3人の国指定重要無形文化財保持者がいらっしゃいます。お三方が京都に一同に集結するという噂を聞き付け、喜び勇んで駆け付けたところ…

“神と紙の郷”の春祭り

花万燈画像

5月3日〜5日にわたり、当地恒例の紙の神様をめぐる

“神と紙の郷”の春祭り
紙祖神岡太神社大瀧神社例祭・岡太講

が盛大に催されました。

*“岡太=おかもと”読み方注意です。

TAKIPAPERのプチ物流革命!

bishamonイメージ
どど〜ん!

株式会社スギヤス製、
ハンドパレットトラック“ビシャモン”SS-L50。

さて皆様、唐突ですが、これは一体何に使う道具でしょうか?

実はこれ“キャッチパレット”とか“ガチャガチャ”とか呼ばれることが多いのですが、

パレットに乗っかったモノをそのパレットごと動かす道具で、当社のような工場には欠かせないアイテムです。

人間国宝名刺、粛々と販売中。

紙漉き中の市兵衛さん

九代・岩野市兵衛さん
が漉いた紙でつくった名刺、人間国宝名刺。粛々と販売中です。

株式会社 山櫻 人間国宝名刺販売ページはこちらです。

市兵衛さんの紙が名刺に!

ダミー名刺

1500年にもおよぶ越前和紙の歴史の中で常に基本、根本であり続けてる紙、越前生漉奉書紙が名刺になります。

生産品目

独自な紙製品の受注生産をしています。

生産品目一覧 技術 和紙について
お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。お見積もりから納品までの流れ
漉好(すきずき)
“すかし”に的を絞ったプロモーションサイトです。

トピックス

日々更新している記事たちです。

あしたのともろう★彡(ブログ)
来る日も来る日も機能回復リハビリに取り組む滝智朗(たきともろう)気合いの記録です。
ザカタキ!(ブログ)
瀧株式会社社長の心の日報。(ほぼ日刊)
た紀行(お知らせ)
和紙の里周辺の日常の機微。
大商品開発計画
タキペーパーダイレクトで販売されている、オリジナル商品の開発秘話。
た日誌。(ブログ)
瀧株式会社の内部情勢なども交えた備忘録ブログ。

瀧株式会社について

「否定の全否定」「出来ない」とは言わ「ない」それが社是、のような空気漂う会社の全体像。

会社案内
ベルサイユ条約の証文用紙を漉いたのは我々のご先祖さまでございます。
企業理念 会社概要 由緒
営業内容 生産能力 スタッフ紹介
交通アクセス
初めてお越しになるお客様にきっと役立つ情報です。
越前和紙について
思いは、言葉となり伝わり続ける。“紙”への思いをしたためました。
企業リンク

お問い合わせ

個人のかた、企業のかた、とにかく何でもお問い合わせ下さい。

よくあるご質問

瀧株式会社

〒915-0233
福井県越前市岩本町2-26

TEL.
050-3387-0809
Email.
mail@takipaper.com

受付対応時間/AM9:00〜PM5:00
※土・日・祝日を除きます

TAKIPAPER DIRECT/瀧株式会社直営の和やかネットショップ

15時までなら即日発送! 耳付きはがきや動物のペーパーウェイト等、味のある品物が揃っています。